小ジワができてしまう原因はターンオーバーの乱れからくる?

小ジワというのはシミと同様で、顔にあるだけで老けを感じさせてしまうものです。
目尻や目元、口元などに現れることが多く、最初は鏡をよく見なければ分からない程度の症状から始まっていくことが多いようです。
これを改善させずに放置してしまうことで、より深いシワへと進行してしまいます。
肌は表皮、真皮、皮下組織の3層となっていて、小ジワはその中でも表皮にできるものです。
通常の場合であれば、表皮の角質細胞がバリアの役割を果たしてくれるため肌を守ることができるのですが、この角質細胞が乾燥して壊れることによって小ジワが発生してしまうと考えられています。
角質細胞の保湿力は角質細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂膜によって保つことができます。
しかし、この3つの成分がきちんと機能していない場合は、肌のバランスが崩れて乾燥肌へと変化してしまい小ジワができてしまう原因となります。
乾燥肌にならないようにするためには、気温や湿度の変化に注意して保湿を行うことです。
自分の肌に合った保湿化粧品を使うことで、肌をいたわりながら保湿ができ、乾燥を防ぐことができるようになるでしょう。
肌に合わない保湿化粧品を使用しないと乾燥を進めてしまうこともあるため、小ジワができる原因となり注意が必要です。
他にも、睡眠はしっかり取ることでホルモンバランスが崩れてしまうことを防ぎ、肌のターンオーバーも改善することができます。
ロスミンローヤルを使用すれば小ジワができにくくなるため、とてもおすすめです。

 

ロスミンローヤルの効果が凄いと口コミで見たので試した! TOPへ戻る

TOPへ